お葬式と法事の香典額は違います

お葬式の時には隣人や故人の会社の同僚の方などが参列しますが、法事は親族、また付き合いが深かった方だけが出席します。最近は告別式の時に初七日を済ませることが多く、お葬式の後、最初の法事となるのが四十九日です。それから、一周忌、三回忌、七回忌と続いていきます。この法事の規模については年数が経つにつれて縮小され、遺族のみといったように参列者が限定されていくのが一般的です。

お葬式の際には参列する方が香典を持っていきますが、法事の時にも香典を持っていきます。四十九日、一周忌と都度、香典が必要になりますが、この時の香典額も関係性によって相場が異なるので、覚えておくと便利です。

法事の際に、法要のみ出席するのか、また法要後の会食まで出席するのかによって香典額が変わります。親族の場合、法要のみなら1万円から2万円、会食する場合は2万円から5万円程度です。この時、夫婦で出席する場合、法要のみが2万円から5万円程度、会食する場合は3万円以上を包みます。特に親しい方、お世話になった友人や知人という関係性の場合、法要のみなら1万円から3万円程度、会食に出席する場合は3万円から5万円程度です。通常のお付き合いの友人、知人の場合は、法要のみが5千円から1万円、会食に出席する場合は1万円から3万円程度が相場です。

場を設けて食事が用意され、お酒もふるまわれるので、遺族の方も費用がかかります。法事の際、会食に出席するかどうかで香典額が変わると認識しておくと適切な香典額を用意できます。