お葬式の香典額は多ければいいのではない

お世話になった方や付き合いが長かった方が亡くなった場合、お葬式の香典額を多くしたい、気持ちを表したいと思う人も多いです。何かと入り用だろうからと年上の方が気を使って香典額を多くするという事もあるようです。しかし、香典額は多ければいいという事ではありません。今は家族葬にする遺族も多くなりましたが、以前は一般葬が主流でした。お葬式に参列してもらった方に不幸があった場合には、同じ香典額で返すというのが通常だったのです。しかし、同じ金額を香典額として持っていけるかどうか、その時の状況によって難しいこともあります。高額な香典を持っていくと後に返す必要がある側としては、負担が大きくなる可能性も考えられます。

親族の中でお葬式の時に持っていく香典額を取り決めているところもありますし、隣近所の香典額を町会や隣組で取り決めているところもあります。いくら持っていけばいいのかわからないと悩んだ場合、町会の方や隣近所の方に確認してみる方がいいでしょう。

香典は通夜式か告別式いずれかに持っていくものです。通夜式と告別式両方に出るから両方持っていくと思っている方もいますが、いずれかで持っていけばいい事で、両方持っていく必要はありません。

香典額は相場が決まっていますが、地域やその周囲の取り決めによって金額が決まっていることもあります。引っ越しなどで初めてお葬式に参列する場合、近くにお住まいの方や町会の方に確認してから持っていくようにすべきです。